Case study

  1. HOME
  2. 取組事例
  3. 地域・社会貢献活動取組事例(農業生産拡大推進事業)

地域・社会貢献活動取組事例(農業生産拡大推進事業)

2022年1月29日(土)JA山口県が運営する各ファーマーズショップで山口県オリジナル柑橘「長門ゆずきち」を使用した『柑晶糖(琥珀寒)』が販売開始されました。

この商品は県立山口農業高等学校の生徒が山口県農業協同組合の新たな商品開発に助成等を行う「農業生産拡大推進事業」を活用し、商品の基本設計と開発を行い、株式会社アデリーが商品化しJA山口県が販売します。

開発は生徒数名で構成される複数のグループが県内の農産品を使用した食品を試作、改良を進める中、商品化の可能性があるものについて、弊社が取引する協力工場へレシピを共有し、工場の製造ラインで製造でき、且つ賞味期限等の品質も担保できるように一部レシピを修正しました。

商品のパッケージデザインについても生徒たちが作成したいということでしたので、弊社に来社いただき企画デザイン課より商品コンセプトや商品特性などを盛り込んだデザインの考え方などの講習を受け作り上げたパッケージデザインです。商品化に取り組む生徒さん熱意には深く感銘を受けました。

常日頃私たちが経験することのできる、苦労して商品を作り上げる喜びを感じていただくことがければ、それが弊社の一番の喜びです。

これからも株式会社アデリーはこのような活動に積極的に協力・応援させていただきます。

関連取組事例